2017年 05月 28日 ( 1 )

あれからのマックン


今日は初夏の風が爽やかでした~。

前回、投稿しましたが、、、。
三月の初めに急に呼吸困難になってしまったマックン。

生憎と長年お世話になっていた病院が休診。
また遠方であることも考慮して。
近所の病院に駆け込みました!!


それから二か月、、、。

近所の獣医さんの指示に従っておりました。
食欲は落ち、ハァハァが続いておりました。

【4月半ば頃のマックン】
f0213476_22130393.jpg


検査も血液検査だけで。
肺水腫と言われ、、、。

不安になったり。
疑問を感じだした母です。



そんな最中。

GWの五月五日、子供の日に。
マックン酷い下痢になってしまいました。


またまた、近所の病院は休診でした。


そこで、、、。
またまた違う病院に。

獣医さんに、今までの詳細を説明。
お薬のチェック。
X線検査。
超音波検査。



【診察を待つマックン】
~我かんせず見向きもしないよ~

f0213476_22134166.jpg

お薬も変更になって。
落ち着くまでは診察に毎週くるように言われました。
食事や
お散歩の事も事こまかく。
アドバイスしてくださいました。


その結果、、、。
ビックリする程食欲が!!
おいしそうにパクパク!!
ハァハァも少なくなって、落ち着いてきました。


良かったね~マックン。
判断まちがえたら、、、。
マックンどうなっていたやら、、、。
マックンが五月五日に酷い下痢をしたのが幸いしたかもです。

マックンはやっぱし強運のワンコ\(^o^)/


太ったら心臓に負担が

【お野菜やお肉のスープで調整】
f0213476_22161990.jpg

今日は部分カットのお許しも。
シャンプーはもう少し先延ばしですが、、、。


【カットしてもらって】
~サッパリ別犬になったみたい~
f0213476_22140009.jpg



今回の事で思ったことは、、、。

診察に疑問をもったら、遠慮しないで問うこと。
それでも納得できず不安に思ったら、、、。
迷うことなく違う病院に替えても良いと思う。

愛する
大切な仔を救うのは
飼い主の判断が大切かも。


そんなことを
身にしみて思いました。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


[PR]

by kimakkun | 2017-05-28 00:40 | かーたんのつぶやき | Trackback | Comments(8)