マックンの感謝。

今日はご免ね~すこし寂しく辛いお話です。
f0213476_613141.jpg

(`Д´) ムキー!お散歩行けなくて不機嫌なお顔してますね~



2009年9月頃の話です・・・

ここからはマックンが保護され、おかーたんの息子になるまでの間。
預かりして下さった方のブログの記事です。

「aji diary」さんの2009年9月6日の記事から

毛玉が皮膚にへばり付き大変なことになっていた…さらに噛み噛み犬。
足先を触るとガルルル でも震えている。

保護する犬のほとんどがヒドイ状態。
犬に負担無くキレイにしてあげれたら…
トリミングの勉強は絶対必要だと思い、学校に通った。
これだけは東京にいる頃にやりたいと思っていたことで。
やっぱり学校に通って良かった。通ってなかったら傷だらけだったな。

恐怖を感じると噛もうとするが、撫でれば私にお尻をくっ付ける仕草をする。
人に頼りたいという感情があることが分かる。

そのちょっとした可愛さを分かって下さる里親さんが現れるといいな。


そして・・・
2009年11月15日おかーたんの息子になりました。


(我が家に来る前日(2009.11.14日)に、こんな風にトリミングして貰いました)f0213476_8464687.jpg
マックンを預かりして
ブログに紹介してくださった方は
お会いした事はありませんが
若い女性との事でした。

一年程で
マックンはかなりの成長をし
人間を信じられるワンコに
なったのです。






実は・・・偶然にも、このブログに辿りついたのです。

おかーたんは・・・

何度も何度も伺っては記事を読みました。

とくにガルガルしながら震えていた

。。。これには泣けました。

恐怖を感じると噛もうとするが、撫ぜればお尻をくっつける。

その仕草で人に頼りたいという感情が分かった


。。。とも書いてありました。



マックンと出会った頃を思い出しました。

その通りだったのです。

マックン辛かったんですね。怖かったんですね。頑張ったんですよ。

いっそう愛おしく、二度と彷徨犬にしてはいけないと思いました。


それと保護して下さったボランティアさん。

ブログで里親探しをして下さった預かりさん。


マックンが、今日元気でいるのは皆さんの優しいお気持ちに出会えたから。

この子の幸せを願って下さったの皆さんのお陰です。

心から感謝します。


f0213476_6144664.gif
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kimakkun | 2011-05-15 06:15 | かーたんのつぶやき | Trackback | Comments(4)